富山県の愛犬愛猫ご家族様へ。犬ワクチン猫ワクチンフィラリア予防ノミダニ予防鍼灸治療しつけ教室ペットホテル動物病院

富山 熱射病 日射病

HOME>犬猫お役立ち情報>熱射病・日射病の話

熱射病・日射病の話

「熱射病」「日射病」に対する正しい知識

Q.「熱射病」「日射病」とは?

A.愛犬家愛猫家の皆様にとって暑い季節の十分な対策が必要です。

高温多湿で換気のよくない場所に長時間さらされたり、暑い環境下での運動などにより、熱の放散が不十分となって体温が急激に上昇した状態を「熱射病」と言います。また、炎天下で直射日光を浴び続けて体温が上昇した状態を「日射病」と言います。

Q.熱射病・日射病は、なぜ起こるの?

A.犬は暑さに弱い動物です。

犬は暑さに弱い動物です。なぜなら、犬には皮膚に汗腺がないため(肉球にだけ汗腺があります)、私達のように汗をかいて熱を放散し、体温を調節することができないからです。犬は口を使い、呼吸によって体温を調節しています。体温が上がってくると、口を大きく開け、気道を最大限に広げ、あえぐような呼吸で口~気管内に流動する空気によって水分と熱を放散して体温調節するのです。しかし、この空冷式の体温調節は、夏の炎天下、長時間直射日光を受けたり、高温で換気の悪いところでは追いつかず、熱の放散ができなくなり、体温がどんどん上昇してしまいます。

Q.熱射病・日射病は、どんな症状?

A.高温下では、特に危険な状態になります。

高温下での高体温(41~42℃)とショック状態を主症状とします。

  1. 熱射病初期では、ハァハァと息をし、鼻孔を広げてあえぐような呼吸をします。
  2. よだれを大量に出し、粘膜(舌、歯茎)は通常よりも赤くなりますが、その後青くなってゆきます(チアノーゼ)。
  3. この状態が長く続くと、嘔吐、下痢、鼻出血がみられ、瞳孔が開き、全身的な痙攣を起こすようになります(ショック状態)。
  4. さらに、意識がなくなり、ついには死亡してしまいます。

日射病で脳の充血を引き起こした場合には、異常な興奮、痙攣、異常な吠え声などがみられることがあります。

Q.熱射病・日射病の応急手当は? 

A.体温が下がっても、体はダメージを受けています。お早目の受診を!

できるだけ早い段階での処置が回復へのポイントです!

  1. 犬を風通しのよい涼しい場所に移すか、扇風機などで十分な換気をする。
  2. よだれをぬぐい、もし飲むなら水を与える。
  3. 体を冷やして体温を下げる。体全体に水をかける、冷たい水で濡らしたタオルを体にかけるなど、日射病を疑う場合は頭を冷やす(氷嚢などで)ことも必要です。

Q.どんなことに気をつければいい?

A.飼い主様のちょっとした工夫・気づかいで防ぐことができる病気です。

  • 夏の日中、陽射しの強い時間帯の散歩・運動は避ける
  • 外飼いの場合は、日陰ができ、風通しのよい場所に犬小屋を置く
  • 常に清潔な水を十分に飲めるようにしておく
  • 室内飼いの場合は、部屋を密封せず、風通しをよくする
  • たとえ日陰でも、犬を自動車の中に置き去りにしない

気温が高く、陽射しの強くなる夏の時期には、熱射病や日射病が多くみられます。外飼いのワンちゃんだけでなく、室内飼いのワンちゃんも、暑くて換気のないところは要注意です!直射日光に当たらないからといって安心はできないのです。

>熱射病・日射病に関するご相談・ご質問はお電話でも承っております。
あらい犬猫病院 Tel.076-465-6177

あらい犬猫病院 お問い合せ 診療 定期検査 ご予約
留守電対応可能。休診日は水曜祝祭日午後、日曜。 詳しくは診療案内・スタッフ紹介へ。

富山 あらい犬猫病院 診療日 カレンダー

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

※毎週水曜日と祝日の午前中は診療致しております。

※5日は午前休診のため、午後4時からの診察となります。


の日は休診日です。
の日は午前中のみ(正午まで)の診療です。
の日は午後のみの診療です。

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

※毎週水曜日と祝日の午前中は診療致しております。

※16日は午前休診のため、午後4時からの診察となります。


の日は休診日です。
の日は午前中のみ(正午まで)の診療です。
の日は午後のみの診療です。

富山 あらい犬猫病院 スタッフごあいさつ

あらい犬猫病院 院長 荒井靖子富山県の愛犬愛猫のご家族皆様へ。犬猫のホームドクターとしてご家族と一緒に見守っていきたいと思います。ワクチンフィラリア予防ノミダニ予防鍼灸治療しつけもしっかりケアして健康的に楽しく過ごしましょう。あらい犬猫病院をよろしくお願いします。
フィラリア予防!~12月まで
年に一回 健康診断!
あらい犬猫病院 院長 荒井靖子

あらい犬猫病院 犬と猫の予防・手術

あらい犬猫病院 犬猫お役立ち情報

あらい犬猫病院 子犬・成犬しつけ教室

あらい犬猫病院 芝生ドッグラン

あらい犬猫病院 子犬パピーパーティー

あらい犬猫病院 ペットホテルご予約

あらい犬猫病院 診療案内

あらい犬猫病院 初めて犬猫を飼う方へ

あらい犬猫病院 お問い合せ

あらい犬猫病院 お問い合せ 診療 定期検査 ご予約
各教室の開始時間をお確かめください。皆様からのご予約承り中。

犬と猫の予防・手術犬猫お役立ち情報子犬・成犬しつけ教室芝生ドッグラン子犬パピーパーティーペットホテルご予約
診察案内スタッフ紹介犬猫よくあるご質問サイトマッププライバシーポリシーお問い合せHOME

Copyright © 2006 あらい犬猫病院.All Right Reserved.
富山県 あらい犬猫病院 犬・猫が元気になる、女性の獣医師とドッグトレーナー。